個人情報管理に強いWebシステム構築スマートフォンアプリ開発
  • サイトマップ
  • 採用情報
  • 個人情報漏洩による企業への影響

    個人情報漏洩による企業への影響

    インターネットや情報システムの活用は、今や組織運営に欠かせない重要なものとなっています。大量の情報を管理できるシステムの利便性は素晴らしいですが、同時に気をつけたいのが社内の機密情報の漏洩や、顧客の個人情報漏洩です。

    高まる個人情報漏洩への意識と現状

    情報漏洩対策の重要性についての認識は年々高まっており、様々な企業や団体を中心に具体的な対策がとられています。しかし、有名な大手企業であっても、顧客の個人情報漏洩に関するニュースは頻繁に報じられており、情報漏洩対策への意識は高まっているものの、なかなか事故の発生件数は減っていないのが現状といえるでしょう。

    個人情報漏洩による影響とは

    顧客の個人情報の漏洩が起きてしまった場合、企業や団体にはどのような影響があるのでしょうか。過去に発生した個人情報漏洩の事例では、慰謝料などを含めた損害賠償額は一人あたり数万円程かかったといわれており、中でも顧客リストとして価値の高い情報で勧誘電話がくるなどの被害が発生した場合や、他人に知られたくない情報が漏洩してしまった場合など、被害を被った方の人数によっては数億円も必要になってしまったという例もあります。

    個人情報漏洩への対策が不十分で、万が一情報が漏洩してしまった場合、企業への影響は経済的損失だけにとどまらず、信用やブランドイメージへの悪影響も大きなものとなります。

    監視システムの導入で企業を守る

    個人情報漏洩への対策は、単に重要な情報の流出を防ぐためだけでなく、企業そのものを守ることにも繋がります。個人情報漏洩対策に役立つのが、当社の個人情報漏洩監視システム「iTr@cker」です。まずは事前に追跡用の個人情報を複数登録し、定期的に更新します。個人情報が漏洩し、追跡用のメールアドレス、住所、電話にコンタクトがあった場合、iTr@ckerに登録されているご担当者様のメールアドレスまで通知がくる仕組みとなっています。もちろん漏洩した時期の特定も可能です。

    個人情報漏洩監視システム「iTr@cker」についてのお問い合せや費用のお見積もりは、サイト内の専用フォームにてお気軽にご相談ください。
    個人情報漏洩に対する抑制力を提供させていただきます。


    page top