個人情報管理に強いWebシステム構築スマートフォンアプリ開発
  • サイトマップ
  • 採用情報
  • 情報漏洩の原因になり得るものとは

    情報漏洩の原因になり得るものとは

    東京にあります当社では、皆様が安心してインターネットを活用できる環境を目指し、webシステムの開発やスマートフォンアプリの開発、情報漏洩監視システムの開発を行っております。
    インターネットはとても便利なものですが、同時に個人情報の漏洩や、企業の機密情報の漏洩などが問題となっています。情報漏洩の原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

    管理システムの脆弱性

    企業の管理しているシステムに問題があるケースも考えられます。セキュリティの脆弱性は、コンピューターがウイルスに感染したり、外部から不正アクセスされたりと、情報漏洩のリスクが高まってしまいます。管理システムの問題からの情報漏洩は、顧客の名前や住所、電話番号といった個人情報が一気に流出するおそれがあります。

    人為的問題

    残念なことですが、比較的起こりやすい情報漏洩の主な原因は、人為的な問題です。
    例えば、メールの送信先やファックス番号を間違えて送るといったうっかりミスや、個人情報が保存されている記録メディアの紛失、管理システムの設定ミスなども人為的な問題になります。
    中でもメール関連のミスによる情報漏洩問題は多く、BCCとCCの間違えや添付ファイルを間違えるといった問題は、なかなかなくなることがありません。

    犯罪関連

    気をつけていたつもりでも、置き引きや車上荒らしにより、重要な情報を入れていたパソコンや資料を盗られてしまったという事件もあります。また、詐欺や売買目的で情報漏洩をする内部犯行者もいるようです。パスワードを共有していたり、サーバーを設置している部屋の管理を徹底していなかったことで、従業員や外注業者が情報を持ち出すという事件は後を絶ちません。

    当社では、個人情報漏洩監視システム「iTr@cker」で、企業の情報漏洩を防ぐサポートを行っております。内部犯行による個人情報の不正取得を防止するのにも役立つと自負しておりますので、システム導入をお考えの経営者様がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。
    費用のお見積もりや質問などは専用フォームからお問い合わせいただけます。


    page top