個人情報管理に強いWebシステム構築スマートフォンアプリ開発
  • サイトマップ
  • 採用情報
  • 個人情報保護法で定められている義務とは

    個人情報保護法で定められている義務とは

    個人情報を取り扱う上で一番大切なのは、個人情報漏洩を防ぐということです。
    5000人分を超える量の個人情報を取り扱う事業者には、個人情報保護法による様々な義務が課せられているのですが、その義務とは何かご存知ですか。

    利用目的の制限

    個人情報取扱事業者は利用目的を具体的に特定し、本人の同意を得る必要があります。
    そして、その目的達成に必要な範囲を超えて個人情報を取り扱うことは制限されています。

    適正な取得と公表

    個人情報取扱事業者は、不正な手段によって個人情報を取得してはいけません。
    また、個人情報を取得した際には利用目的を通知もしくは公表する必要があります。

    正確性・最新性の確保

    個人情報取扱事業者は、保有データが本来内容と比較し相違がなく正確かつ最新の内容である状態を維持するために努めなければいけません。

    安全管理

    個人情報取扱事業者は、取得した個人情報漏洩、紛失を防ぐため、安全に管理できる措置を取る必要があります。また、従業員や委託先に管理を依頼する場合、安全管理が図られるように監督を行わなければいけません。

    第三者提供への制限

    法令に基づく場合や緊急の場合以外において、本人の同意を得ず個人情報を第三者へ提供することは厳しく制限されます。

    開示・訂正・利用停止

    個人情報の提供者本人などから開示・訂正・利用停止を求められた場合、迅速に対応する必要があります。

    苦情の処理

    個人情報取扱事業者は、個人情報取り扱いに関する苦情に対応する体制を確立しなければいけません。

    当社では、個人情報漏洩監視システム「iTr@cker」を提供しております。
    こちらの監視システムは、漏洩時期を特定することも可能です。
    導入した際には、御社サイトのユーザー様に対して個人情報について厳密に取り扱っていることの意思表示として「iTr@ckerシール」を御社サイトに表示させることもできます。

    また、漏洩した個人情報か確認を行う「iTr@cker inspector」というサービスも行っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。費用のお見積もりや質問などは、サイト内の専用フォームにてお問い合せいただけます。


    page top