個人情報管理に強いWebシステム構築スマートフォンアプリ開発
  • サイトマップ
  • 採用情報
  • 個人情報漏洩がどのように悪用されるのか

    個人情報漏洩がどのように悪用されるのか

    個人情報を取り扱っている事業者は、情報漏洩によってどのような被害がもたらされるのか知っておくことも大切です。こちらでは、漏洩してしまった個人情報がどのように悪用されるのかご紹介します。

    メールやハガキなどによる勧誘

    個人情報漏洩による被害として、一番多いのがこのケースです。自宅の住所や電話番号などが流出するため、このようなダイレクトメールや勧誘電話、訪問セールスは頻繁に起こることが考えられます。こういったしつこい勧誘は精神的な苦痛に繋がることもあるので、被害者にとっては大きなストレスとなるでしょう。

    クレジットカードの悪用

    住所・電話番号の他に、クレジットカードの番号や有効年月などが流出した場合、不正に使用される恐れがあります。簡単に足がつかないように海外のオンラインショップを利用したり、悪質な販売店と組み代金を騙しとる手口もあるのです。こういった金銭的被害は、情報漏洩被害者にとって最も精神的ダメージが大きいものになるでしょう。

    なりすまし

    IDやパスワード情報が流出した場合、アカウントが乗っ取られる恐れがあります。
    アカウントが乗っ取られるということは、本人になりすまして掲示板などで誹謗中傷行為をしたりすることも考えられるのです。また、オークションなどを利用して勝手に商品を注文される可能性も十分にあるでしょう。

    架空請求被害

    詐欺を働く側にとって、個人情報は便利なものとなります。名前や電話番号、住所の他にも性別や職業など細かい個人情報が流出したら、詐欺師に狙われる可能性が高くなるのは確実です。
    多額の架空請求により、生活を脅かされる方も出てくるでしょう。こういった被害を出さないためにも、東京にある当社の個人情報漏洩監視システム導入をご検討ください。

    当社の個人情報漏洩監視システム「iTr@cker」は、個人情報が漏洩し、漏洩した追跡用メールアドレス、住所、電話にコンタクトがあった場合、iTr@ckerに登録されているご担当者のメールアドレス宛にメールで通知する仕組みになっております。費用のお見積もりなどは、お気軽にご相談ください。


    page top