個人情報管理に強いWebシステム構築スマートフォンアプリ開発
  • サイトマップ
  • 採用情報
  • 内部犯行者による個人情報漏洩を防止する対策とは

    内部犯行者による個人情報漏洩を防止する対策とは

    情報漏洩の約8割は、内部犯行者によるものと言われています。
    そんな内部犯行者による個人情報漏洩を防ぐには、どういった対策が求められているのでしょう。

    情報セキュリティに対する教育の徹底

    従業員の中には、どういったことが個人情報漏洩に繋がるのか、理解できていない方もいらっしゃいます。例えば、私物のパソコンを持ち込んだり、社内PCにソフトのダウンロードを無断で行ったり、何も考えずにUSBメモリなどの記憶媒体にデータを保存し、それを外部に持ち出してしまう。
    こういった情報漏洩に繋がるようなことを禁止、制限して、情報セキュリティに対する教育を徹底する対策も大切なのです。

    情報漏洩できない環境作り

    あまり考えたくないことですが、悪意を持って故意に情報を漏洩させる最悪のケースを、視野に入れなくてはなりません。そういった方を牽制、抑止するためにも、簡単に情報漏洩することができない環境を作ることも大切です。例えば、警備員や監視カメラを設置して常に見られている意識を持たせたり、入退室の履歴を取ったりする必要があります。

    データの参照履歴などを管理することで、何か問題が起きた場合すぐに対応できる環境が整っているという態度を見せることも、十分な抑止力となります。システムに関するご質問や費用のお見積もりなどは、ぜひお気軽にご相談ください。

    情報漏洩をした相手を特定できる環境作り

    もし個人情報が漏洩してしまった場合、誰がいつどのようにして情報を漏洩してしまったのか、把握できる環境を作ることも大切でしょう。例えば、どんなデータをメールで送信したのか、誰がどのパソコンから漏洩させたのかなど、漏洩をした相手を特定できる環境を作ることで、何かあったときにはすぐに疑われるという意識を持たせるのです。

    個人情報漏洩対策として監視システムの導入をお考えの方は、当社をご利用ください。
    当社では、個人情報漏洩に対する抑止力を提供しております。当社の個人情報漏洩監視システム「iTr@cker」は、内部犯行による個人情報の不正取得を抑止するのに役立てることができます。


    page top