個人情報管理に強いWebシステム構築スマートフォンアプリ開発
  • サイトマップ
  • 採用情報
  • 個人情報漏えい保険加入の必要性

    個人情報漏えい保険加入の必要性

    個人情報が漏えいしてしまうと、場合によっては大きな被害を招いてしまうことがあります。
    生活をしている中で、情報漏えい対策に取り組むことはもちろん大切ですが、万が一個人情報が漏えいしてしまった時のことを考えて、保険に加入しておくことも大切です。

    こちらでは個人情報漏えい保険加入の必要性についてご紹介します。
    これから個人情報漏えいに関する対策を徹底したいと考えられていましたら、ぜひ参考にしてください。

    どのような保険か?

    個人情報を流出させてしまった場合、被害に遭われた方へのお詫びの品とその郵送費など、費用損害が発生してしまいます。場合によっては多額の損害賠償金・起訴が発生する可能性もあり、弁護士費用が必要となります。情報漏えいといった不測の事態を防ぐ管理・監視システムの導入に加え、個人情報漏えい保険に加入しておくことで、このような多額の費用を背負うリスクを軽減させられます。

    個人情報漏えい保険に加入する対象

    保険に加入する際に把握すべきことは、個人情報全てが対象となるわけではないということです。
    保険対象にならない個人情報があり、保険金が支払われない場合もあるので、保険に加入する際には事前に確認しておく必要があります。とくに、洪水や高潮、津波、地震などの自然災害は対象外となるケースは多いので、個人情報漏えいを起こさないためにも徹底的に対策をたてることが大切です。

    このように万が一の事態に備えて保険に加入していると、賠償・費用損害リスクを最小限に抑えることができます。さらに個人情報漏えい対策を徹底して行いたいとご検討されている方は、監視システムの導入がおすすめです。

    当社ではiTr@cker(itracker)という監視システムで、個人情報管理の不安を解消できるよう、サポートさせていただきます。情報漏えい監視システムは、抑止力となるだけでなく、検地または漏えい時期の特定まで行えます。情報漏えい監視システムに関するご質問や、費用などのご相談はお気軽にお問い合せください。


    page top